日焼け止め対策

サングラス

ファッションアイテムとしてサングラスをかける人が増えています。ファッションとして定着していますので、最近では、どんな場所でサングラスをかけている人を見てもありふれた風景になり、気になりません。

サングラスはおしゃれを楽しむと同時に、目を強い紫外線から予防する役割も果たします。中でも紫外線カットのレンズが人気を集めています。紫外線カットのサングラスで、90%の紫外線予防ができます。

お手持ちのサングラス、もしくはこれからお買い求めになるサングラスが、きちんと紫外線カット効果があるものかをチェックしてください。また年輩の人でも、サングラスをおしゃれと日よけのためにかけるケースが多く見受けられます。簡単におしゃれを楽しみながら紫外線予防できるアイテムとしておすすめです。

サングラスの横や上下から紫外線が入りこまないように、レンズはできるだけ大きいものの方が効果があります。子供用のものや、紫外線予防と、花粉症予防が兼用のゴーグル状になったものなど、年齢や用途に合わせてさまざまな種類のサングラスがあります。自分に合ったサングラスを見つけましょう。

目への紫外線の悪影響は、角膜炎や、ひどい場合は白内障としてあらわれます。目の病は、初期段階で、何ら痛みを感じないのが特徴です。症状が進み、目が見えなくなって初めて病気に気が付くのです。そうならないためにも、顔や肌の保護と同様に、目の保護をしっかりと行いましょう。