日焼け止め対策

帽子

紫外線予防として日頃使われている帽子ですが、昔は、麦わらや麻などの素材を使い、風通しや涼しくかぶることが重視されていましたが、今では機能的な帽子が増えています。

紫外線を防止する素材をつかったもの、つばが広く顔全体をカバーできるもの、カーテン状の布がついており首もとまでカバーするものなどさまざまな商品があります。帽子はお子さまからお年寄りまで、老若男女問わず愛用されているファッションアイテムです。紫外線予防の重要性が言われている中で、さまざまな工夫がされた帽子が喜ばれています。

帽子はかぶるだけですので、両手がふさがりません。スポーツ、アウトドアなど外で動く人や、お買い物やお子さまずれの人には日傘をさすよりも動きを妨げられず便利です。反対に、帽子は覆う範囲が日傘より少ない範囲となってしまいます。頭や顔は防備できても、肩や腕は日光を浴びてしまいます。

帽子の場合は、アームカバーや、日焼け止めを塗って、日焼け止め対策を強化しましょう。つばの狭い帽子の場合は、あごのあたりも日光にさらされてしまいます。一度帽子をかぶり、日にさらされる部分があるかどうかを確認しましょう。デザイン性を重視すると、紫外線対策がおろそかになりがちです。

ファッションも楽しみながら、さまざまな工夫を重ねて日焼け対策をしっかり行いましょう。帽子をかぶるなどのちょっとした手間をかけることで、シミ予防にもなります。美容のために、めんどうでも紫外線対策を徹底しましょう。