シミの原因

シミをできにくくする

シミを作らないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。紫外線を避けるのが一番ですが、そのためにさまざまな方法が考えられます。出歩く時間帯を考えて行動することも方法の一つです。紫外線は、日中10時からお昼の14時までが一番強く降り注ぎます。その時間を避けて行動することで強い紫外線を遮断できます。

朝と夕方は、横から太陽光線がきますので、目に紫外線が入りやすい時間帯と言えます。朝と夕方に出歩く際は、日焼け止め、日傘の他、サングラスもかけるようにすると良いです。季節では、夏が一番紫外線量が多くなります。冬でも紫外線が少ないながらも降り注いでいることを知り、一年を通した日焼け対策をたてましょう。

場所では、山や海、アスファルトなども直接の光や反射した光を浴びやすくなります。スキーなどのウィンタースポーツで雪山に行く場合、雪は90%の太陽光を反射しますので、外は寒いのですが必ず日焼け対策を忘れず行わなければいけません。また地域別では、南に行くほど紫外線量は増えます。沖縄では北海道の2倍の紫外線が降り注いでいるのです。行動する時間帯を注意していても日焼けはしてしまします。

もし日焼けをしてしまった場合は、すぐに冷水や氷を使って冷やすようにしましょう。日焼けはやけどなのです。シミの予防には、肌の生まれかわりを助けたり、ガン予防になるビタミンBやビタミンC、ビタミンEなどを含む食材を積極的に食べましょう。