シミの原因

シミの種類

一言にシミと言いましても、シミ、そばかす、肝斑など、たくさんの種類があります。それぞれ治療方法が違いますので、まずできたシミが何なのかを知る必要があります。そばかすは雀卵斑(じゃくらんはん)といい、小さなシミが鼻の周囲や頬のあたりに広がります。若い頃はチャームポイントとしても取り上げられるのではないでしょうか。

遺伝が原因の場合もあると指摘されています。肝斑(かんぱん)は、読んで字のごとく、肝臓の形のようは楕円形状のぼやけたシミが、頬や鼻に左右対称にできます。ホルモンバランスのくずれが主な原因です。

通常の美白化粧水では消えません。飲み薬で比較的簡単に消えます。通常のシミなのか肝斑なのかを区別しなければいっこうに治らないことになりかねません。老人性色素斑点は、通常のシミです。紫外線を浴びることで生じる老化現象です。10代で海やプールなどたくさん日焼けをしてきた人に多く見られます。色が濃く、シミの範囲が広いのが特徴です。若いうちから、帽子や日焼け止めでのケアが必要です。

炎症性色素沈着は、にきび、やけど、化粧品かぶれなどで皮膚炎症を起こしたあとにできるシミです。紫外線を浴びると色素沈着が進みますので注意が必要です。摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)は、顔以外で起こることの多いシミです。衣類などで強い摩擦を受け続けることでできます。シミにもたくさんの種類がありますので、自分で判断できない場合は、皮膚科を受診しましょう。

肝斑のように飲み薬ですぐなおるシミもあります。あまりにも色素沈着がひどい場合は、レーザー治療なども行ってもらえます。シミが消えると表情も明るくなり、印象がぐっと若返ります。シミにあえて目を向け、治療しましょう。