シミ予防日焼け止め

注意点

日焼け止めを使う際に注意する点がいくつかあります。まず、使ってみて赤みが出たり、肌に合わない場合はすぐに使用をやめなければなりません。

特に敏感肌の人は、購入する際に成分をよく確認しましょう。日焼け止めには、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が配合されています。紫外線吸収剤には、メギゾリル、オキシベンソン、サリチル酸フェニルなどがあります。肌をピリピリさせる成分です。

紫外線散乱剤には、酸化チタン、タルク、カオリンなどがあります。これらの成分は肌で化学変化しませんので、安心です。日焼け止めは1年を通して長く使うものですから、敏感肌でない人もできるだけ無添加のものを選ぶ方が良いでしょう。

日焼け止めは、朝出かける前に一度塗っておしまいでは、きちんと紫外線をカットしてくれません。汗や、ハンカチや衣類と肌の摩擦などで、知らず知らずにのうちに落ちていってしまうからです。せっかくSPFやPA値が高いものを使っていても効果が得られません。

日焼け止めの容器に、使用上の注意などの記載がありますが、「こまめに塗り直しをしてください」とあります。目安として、2~3時間での塗り直しが効果を持続させるために有効です。こまめな塗り直しが難しい場合は、薄手の長袖を着る、日傘を必ずさす、帽子をかぶるなどの対策を講じるようにしておきましょう。

化粧直しの際に日焼け止めも忘れず塗り直しましょう。いま流行の、BBクリームですと、ファンデーションと日焼け止め成分が一つに入っており、塗り直しも一度で済みますし、持ち運びも楽です。自分の生活に合わせて紫外線対策をしましょう。