シミ治療

食べ物

シミを予防するための食べ物はどのようなものがあるのでしょうか。シミとシワのケアには、ビタミンC、ビタミンE、コラーゲン、βカロテン、コエンザイムQ10などが良いといわれています。ビタミンCは、メラニンの生成と沈着を抑え、できてしまったシミを薄くしてくれる効果があります。

ビタミンCが多い食材は、代表的なレモンの他に、キウイフルーツ、イチゴ、ジャガイモ、ほうれん草、小松菜、のりなどがあります。ビタミンEは、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進し、メラニンを排出する働きがあります。女性ホルモンの分泌を促進し、肌を若々しく保つ効果もあります。多く含まれる食材は、アボガド、うなぎ、緑黄色野菜、大豆、ごま、アーモンドなどです。

コラーゲンは、肌を作るタンパク質の一つです。弾力のある肌を作ります。多く含まれる食材は、鶏肉の皮、豚骨、牛のすじ、うなぎ、ふかひれ、スッポン、ふぐなどの高級魚です。βカロテンは、紫外線で傷ついた肌の修復に必要です。メラニンの生成も抑えるので、シミのできにくい肌を作るのを手助けします。緑黄色野菜、マーガリンなどに多く含まれています。

コエンザイムQ10は、抗酸化作用があります。サプリメントや化粧品で外部からしか摂取できないイメージがありますが、体内でも合成されます。多く含まれる食材は、サバ、イワシなどの青魚、ウナギ、レバー、大豆などです。これらの食材を目的別にバランス良く、毎日食べることで、健康で美しい肌が手に入ります。食事を見直すと、外面だけではなく、内面からシミを作らない対策ができます。