シミ治療

水分補給

シミは、紫外線を浴びたり、生活習慣の乱れやストレスの影響で、女性ホルモンのバランスが悪くなることでできやすくなります。シミのできる場所ですが、日光を浴びやすい頬骨の上が最も多い部位と言えます。

鼻やおでこは、頬よりも日光があたり、紫外線を浴びますが、皮脂が多いため、あまりシミはできません。頬は皮脂が少なく、乾燥しやすい部位です。シミを作らないためにも、肌への水分補給と保湿が大切になってきます。肌の水分量を上げるためのケアが、できたシミを薄くし、シミのできにくい肌づくりの近道なのです。注目される成分としてまずセラミドがあります。

セラミドは肌の内部に水分を蓄える役割をします。もともと肌の中にある成分です。このセラミドが減ると、乾燥肌になるのです。日々セラミドを肌へ補うと、理想的な肌の水分量が保たれます。その他にヒアルロン酸入りの商品も増えています。ヒアルロン酸は肌の水分を吸収すると膨らみ、肌に張りをあたえます。シワや肌の張りを取り戻したい時のケアにも使われます。

また、アルブチンという成分は、メラニンが増えるのを抑え、肌に透明感をあたえます。肌の漂白剤ともよばれ、美白に効果があります。シミやソバカスの他、ニキビのあとのメラニン色素も薄くする働きがあります。コラーゲンは、肌のきめを整えたり、張りをあたえます。

ビタミンC誘導体は、ニキビや毛穴のケアに有効です。乾燥やシミが気になったら、これらの成分が入った化粧水を毎日のケアにお使いください。